春の南地区懇親会「伊勢丹バンケットルーム」(4月6日)

 

春の南地区懇親会(4月6日)

 

春爛漫の4月6日(土)、伊勢丹相模原店バンケットルームで平成最後の「春の南地区懇親会」が賑やかに開催され、入会検討中の方1名を含み36名が参加しました。


最高齢の鈴木俊二さん(92歳)の発声により、ビールで乾杯。その後は中華料理に紹興酒・・・。会場には原会長のお取り計らいでしょうか、冷酒、ワイン、芋焼酎、麦焼酎と逸品が並べられていて、目移りしてしまいます。

 

入会検討中の福崎直明さん(昭和50年経済卒)の自己紹介に続いて会員一人ひとりの自己紹介・近況報告。懇親タイムでは、世代が違っても、初対面でもすぐ親しくなれるから不思議です。そしてその交流の中で人間力が培われる。これがまさに慶應の精神である「人間交際(じんかんこうさい)」なのでしょう。

 

気がつけば、いつの間にか輪になって肩組みあって、中尾誠男顧問の指揮による「若き血」を熱唱。盛り上がったところでお開きとなりました。


その後は夜桜見物なのか、カラオケなのか、二次会、三次会へと流れていきました。